IKEナイキFLYKNIT RACER VS AIR ZOOM MARIAH FLYKNIT RACERのシューズ

今回干したのは、ナイキのレーサーシリーズに新しく入った2足のシューズだ。FLYKNIT RACERとAIR ZOOM MARIAH FLYKNIT RACER。

実は、私は2年前にFlyknit Racer(以下FR)を手に入れ、ローンチしていた。

NIKEナイキFLYKNIT RACERランニングシューズは2012年に発売されたスターシューズのモデルで、フック家のFlyknitRacer(以下FR)はもう新しいシューズではないが、それは依然として強い市場の注目度を維持している。そんな定番の靴を、おばさんの家ではまだ誰も晒していないのだから、私が丸々晒してやろう。特に虹、雪花と陰と陽の色づかいで、すべて引っかかっている流行靴リンゴ豚8号-賛41評論71收蔵133査看詳細華麗な靴靴、軽い重さ、美しい造形を持っている。すでに二〇一二年に発売されていたこのシューズも、少しも落ちていない。FRは、カットソースニーカー(KNIT)のブームを切り開き、従来のシューズの組み合わせを巧みに一体化させ、優れたサポート力、柔軟性、通気性を提供するだけでなく、シューズデザインに革命をもたらした。各スポーツブランドはアディのPrimeknit、リーボックのUltraknitなど、自社のX+KNITのニットシューズを発売している。

2012年に発売されて以来、FRブームは衰えず、販売価格は常に上位を維持しています。2016年に入手したこの白黒と陰陽の配色は999です。さらに私の心を奪われた、そしてもっと珍しい虹の色使いは、家では2Kぐらいになって、非常に人気がありました。

しかし、時は流れた。編み上げシューズが普及し、市場の注目がシューズからミッドソールに移り、ウルトラブーストやNMDのようなブーストに加えられたトレンドシューズが市場の新たな人気を集めるようになり、FRの存在感は徐々に薄れていきました。それまでは何千もの価値が地面に落ちていた。2017年初頭から、一般的な色使いのFRの価格帯は7百から8百を維持しています。2017年になって、この虹色のFRはナイキtモールの公式ショップで569となっている。それじゃ何も言うことはない。買って買って!しかし、FRのこのような境遇、私に『大話西游』の中のあの名台詞を思い出させます:以前は人を小甜甜と呼んで、今は人を牛夫人と呼びます…

NIKE男性靴FLYKNIT RACER飛線透気緩震スポーティスポーツトールシューズ526628-304699元天猫選選去購買明らかに、NIKEはこのような局面を更に継続させたくない。FRの後継として、2017年6月22日にAir Zoom Mariah Flyknit Racerが発売された(以下MFR)。1981年に誕生した定番のシューズ、Air Mariahをオマージュしたモデルです(下)。MFRはAir Mariahの古典的な流線形のデザインを踏襲しており、かかととミッドソールの造形は一脈相通じるものといえる。テクノロジの装備を見ると、FRに比べて本質的に向上しているわけではなく、Flyknitシューズ+前掌ズームクッション+Phylonミッドソールという組み合わせです。

ナイキは1980年代のレトロな要素を取り入れたMFRを発売することで、Flyknit Racerシリーズのトレンド感を高め、その盛り上がりを持続させたいと考えています。しかし、6月末に発売した新商品の価格は8月末で599…..嘆いたものだ。

国内NIKEナイキAIR ZOOM MARIAH FLYKNIT RACER男のスポーツシューズ599元バッグ新品の腰斬好価格~80年代の古典を再現して、新しい編み物のシューズメーカー、主打軽質快適~NIKE中国公式商城現在599元バッグまで特別価格そろっています。このシューズは今夏の新商品で、価格を5割引き(7月10日に発売された新商品は1099元)と、お得な価格で販売されている。エアゾームマライアは、見た目はよりシンプルで、全体的に軽質で、より快適に包まれています。主打快適軽質,好きな値サタン鍋鍋-値206評論102收蔵256私の手元のこの2つの白黒配色のMFRを買いに行くのは2018年3月末にある宝で356の低価格で手に入れた…..主に通勤靴として購入しています。FRシリーズにはちょっと明るい、薄っぺらなニュアンスが感じられます。そこで、最近ナイキは新しいリクト(REACT)、ズーム(ZoomX)などミッドソール技術の新しいシューズを押し出して、ミッドソールのイノベーション不足でアディに遅れをとってしまった自分を挽回しようとしている。

Air Zoom Mariah flykit _淘宝検索s.taobao.com行ってみよう、この2足の靴の前世を紹介し終わったから、今靴を見よう!

二つの靴箱を開けてみると、左側のオレンジ色の箱がFRで、右側の赤い箱がMFRだ。

ナイキを知っている人なら誰でも知っているように、オレンジのケースはスニーカーで、ナイキ+スウッシュの赤いケースはカルチャーシューズやヴィンテージのシューズである。両者の最も大きな違いは耐久性だ。スニーカーに適応できる強度の高い運動を、文化の靴はもっと通過道路で非ハン強度の運動には最適だ。2016年にナイキが「Huarache 2K4」の復刻版を発表したときも、文化靴と表記されていた。多くの鉄粉を着て実戦の后に2K4ここら切断面……ナイキの説明によるとこれは文化靴で運動靴ではありません…..そう考えると、MFRに対するフックの位置づけも、実戦用のシューズではなく文化用のシューズであって、果たして走れるのだろうか。あとで解析します。

正身を見よ!ちなみに、ナイキの場合は足のサイズが41なのですが、FRの場合は幅が足りず、41のサイズで買うと足が挟まってしまうのですが、MFRの場合はそうではありません。それでFRで買ったのは大きめの42サイズです。

一、Flyknit RacerFR全体が低く、ラインが長く、すらりとした形になっている。スポーツカーのような感じで、スピード感がある。Flyknit編みの采用でFRのシューズは異なる色の絹糸で織り交ぜることで、めまぐるしい虹色の色違い効果を生み出し、今見てもかなりのラッシュ!

1、外側:FRは、セグメント式の編み構造を采用しており、靴の先端部分は、より高いニット密度で、より強い構造強度の靴面を提供しています。靴の中央部には透かし編みを采用し、人為的により多くの空気を通す穴を作り、足を涼しく保つ。靴の甲には、フライワイヤー技術を采用し、靴の中央に配置されたフライワイヤーが靴紐に引っ張られ、より優れた包み性能を提供します。

2、かかと:かかとに固定シートを内蔵し、かかとの安定性を確保します。提紐に六道反射条、夜格上げする安全性能を走った。同時に端を収める役割も果たします。

3、内側:内側の形は外側とほぼ一致します。ミッドソールにはフィロン素材を使用し、かかとには細かい圧縮ラインが入っていてクッションを効かせている。

4、斜め后ろ:后ろ斜め45度はFRの最も美しい角度です。流線、現代的、シャープな造形が際立っていて、本当に素敵!また履き口には、FRでワンロールとストレッチを締めに採用し、快適性を確保しています。

5、靴底:靴底はワッフルスキン(Waffle Skin)のゴム外底を采用して、ランニングのために設計された菱形の紋様は、軽やかですが、長持ちしません。

6、細かい点:

アッパーにはナイキの配慮でヒートシンクを編み出しています。

FRのスウッシュのフックマークも、既存の靴の上から糸で編んでいるのが気になります。

虹色のFRでは、それまで崩れがちだった平べったい靴ひもをやめて、丸い靴ひもに替えたことで、靴ひもの安定性を大幅に強化しました。

靴のマークはしっかりした体を確認した。ベトナム産。

二、Air Zoom Mariah Flyknit RacerMFRは、全体のスタイリングがFRに比べて、よりしっかりとしている。MFRは靴の甲が高く、靴型が広いためだ。FRのフォルムがスポーツカーなら、MFRは一般的なセダンに近い。これはMFRの一見するとFRの派手さには及ばないが、より良い着心地をもたらしてくれる。

1、外側:MFRの背は外側から明らかに高く、全体的に見てもどっしりと重厚で、FRのような軽さはありません。きれいかどうかは、いろいろなことがある。また、中央部の編み密度もFRより高くなっています。

2、かかと:MFRのかかとは外付け式の固定シートを采用しており、材質は比較的柔らかい。こちらも80年代のエアマライアをオマージュしたデザイン。また、テカリストリップが廃止された。覚えていて、これは1足の文化の靴です…

3、内側:外側と一致する。ミッドソールの素材はFRと同じくPhylonを采用し、FRから圧縮糸を取り除いた。

4、斜め后ろ側:斜め后ろ45度から見ると、MFRの靴の甲は直線的なFRに比べて丸みがあり、より良い履き心地になります。しかし、スタイリングのスピード感はFRほどではない。

5、靴底:MFRは従来のFRの菱形のチェック柄を踏襲していないで、前の手の平の矢印、かかとの模様のない造形を采用して、グリップ力を弱めて、「文化靴」の位置を際立たせた。足の付け根のAIRマークはオマージュであり、ズームクッションを配したシューズであることをアピールしている。

6、細かい点:

FRのSwooshが「織り」なのに対し、MFRは「印」なのだから、グレード感がいまひとつだ。また、MFRは一体型のシュータンを采用し、シュータンとシュータンを合体させている。そのため、履き口も一体型の編み物を採用し、全体性を高めています。

また、MFRのシューズマークはマットに縫い付けられている。生産地はインドネシア。

比較評価1、外観デザイン(FR: 9.5 / MFR: 8)

外見だけを見ても、FRのほうが背が低く、長くなっているので、全体的にラジカルで、スピード感があり、消費者の目に留まるようになっています。そのため、このようなコンセプチュアルなデザインの造形は、6年が経っても古びていない。それに比べてMFRの背の高さ、がっしりとした長さは、実際の履き心地にも配慮されていて、見た目のレベルは上々ですがFRに比べると見劣りがします。

一方、KNITの技術が進歩し、シューズ一体型が主流になったことで、シューズ一体型がプラスされているMFRのほうが、まだシューズのあるFRよりもアイデンティティが優れていることも、FRの0.5ポイントロスの要因となっています。

MFRの主な失点点は、かかとの固定シートのデザインにあると思いますが、これによってMFR全体がくしゃくちゃに見え、FRのように崩れて見えないのです。古典へのオマージュではあるが、一体型の靴がもたらす全体性を大きく破壊し、少なくとも軽さと重さを削いでいる。箇人的には蛇足だが,固定シートを内蔵することで同じ効果を実現できると思う。

最後に、2足の上履きの効果を見てみましょう。FRのほうが外見レベルが高い理由がわかります。

2、快適性と包み込み性(FR: 7 / MFR: 9)快適性を評価する前に、この2足の靴底のデザインについてお話しします。下の図を見てみると、Racerシリーズのソールは足裏にしっかりと内向きになっていて、これが主にソール摩擦を少なくして、高い配走を維持するために作られています。Racerシリーズを初めて履いている人には、竹馬に乗っているような、演劇用の靴を履いているような感じがします。

それはFRで特に顕著です。低い靴の甲、狭い靴型にとらわれて、足の広い、背の高い東アジア人にFRは友好的ではない。普通のサイズならFRの長さは十分なのですが、幅が足りず、押したり、擦ったり、足の甲を押したりする感じが目立ちます。そのため、大抵の人は半分か1サイズ買ったほうが、この不快感を減らすことができます。

大きめのサイズを購入したのですが、足をのせるとFRの方が外側に大きく広がっていて、押し足感は解消されているのですが、大きいヘッドスペースが残ってしまい、足が滑りやすくなってしまいます。

この点でMFRに大きな好評を与えたいと思います。MFRは、靴型の幅、靴の甲の高さなどを最適化し、上がり心地をFRより明らかに良くしています。特に弾力性のある一体型は、包み込み性と快適性を両立させている。竹馬に乗っている感覚もFRよりずっと和らぐ。

3、通気性(FR: 10 / MFR: 9)という位置づけからすると、FRは明らかに実戦向きのマラソンシューズなので、空気を抜く穴が密で大きいので、夏にはサンダルとしても十分 ブランド靴コピー N級品通販 に履けます。一方、MFRは日常的な通勤に偏っているため、空気を通す穴は多くない。ただしMFRは通気性が完全にOKで、多様な気象条件での着用に適しているのに対し、FRは夏の着用に適している。

内部を見るとFRは明るく、MFRは暗く、通気性は普通だ。

4、緩震性(FR: 9 / MFR: 9.5)緩震性を見ると、MFRの方が明らかに足回りがもちもちしており、一般ユーザーのクソ踏んづけ感に対するニーズが高い。FRも軟弾の特性は残っているが、エリートランナーの足の感覚を保つためのもので、FRの場合、前掌の支持性はMFRの方が強い。

実際に走ってみても、MFRのほうがリカバリ感が強く、12 kmのトレーニングで緩振性能が衰えることはなく、同時に必要なサポートができる。fr性はもっと支えに至っては、言い換えれば、よりハードの一部だ。しかし、かかとの中央底のPhylon素材は依然として柔 アパレルトップストップス らかいクッションを与えるため、普段着ていてもFRの方が良いクッション効果を与える。どちらの靴も、通常の強度のランニングや日常の通勤には対応できる。

5、耐久性とグリップ力(FR: 8 / MFR: 7)大地柄から見てFRの方がMFRよりも明らかに丈夫です。しかし、実際には、究極の軽量さを追求するために、この2足のランニング・シューズは磨りがよいとは言えない。グリップ力はポジショニング専門のFRの方が優れています。

マットには、どちらもOrtholiteの防臭マットを採用。表面素材は一般的な織物で、滑り止め性は一般的なイミテーション素材より劣る。また、クッションの公称にも、ふたつの靴の位置づけが異なることがわかります。ブルーのFRのマットはレーシング・ロードシューズで、ブラックのMFRのマットはナイキエアのレトロなロゴをつけている。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Deixa un comentari

L'adreça electrònica no es publicarà. Els camps necessaris estan marcats amb *